脱毛時にしてはいけない事!

毛抜きでの処理は絶対にNG!

脱毛施術の前は、施術箇所を自分で処理してくるよう言われます。しかし、ここでの自己処理で気を付けたいことは、「毛抜き」での自己処理は絶対にしないこと!
毛抜きで処理をしてしまえば、毛根ごと毛を抜いてしまうことになります。しかし、脱毛施術では肌の上からビームを照射し、毛根にアプローチをして脱毛をします。毛抜きで毛根から毛を抜いてしまえば、施術時にアプローチできる毛根がなくなってしまいますね。結果、脱毛施術の効果が激減してしまうのです。また毛が再度生えてくるまで施術ができず、時間もかかってしまいます。脱毛施術前の自己処理は、電気シェーバーで行いましょう。
自分で処理がしにくい箇所は、施術前に別料金でスタッフの方がシェービングしてくれるサロンもありますよ。

うっかり日焼けに注意して

脱毛施術は、肌の上からビームを当てますが、毛の毛根まで届く強いビームです。このビームは毛根に反応するようになっているため、「黒い色」に反応します。そのため、日焼けをして肌が黒くなってしまえば、その分ビームが分散したり、ビームの反応に敏感になり痛みが増してしまいます。痛みを我慢して脱毛施術を受けても、あとあと炎症などの肌トラブルに繋がってしまう恐れもあるのです。
脱毛施術を受けている間は、日焼けには注意して過ごしましょう。特に日焼け止めを塗り忘れてしまいがちな、耳の後ろやうなじにもしっかり日焼け止めを塗ることがおすすめです。サロンによっては、日焼けしたときに施術を断られてしまうこともあるので、気を付けて過ごしたいですね。